失恋うつかどうかの診断方法と治し方とは?

恋愛によって女性はより美しくなれるもの。とはいえ必ずしもうまくいくとは限らず失恋してしまうことだって沢山あります。

相手はその人たった一人ではないのです。苦しみの経験を乗り越えてまた次の恋に向かって進むことができれば良いのですが、あまりに心へのダメージが大きくうつ病を発症してしまう方も少なくはありません。それを失恋うつと言います。

スポンサードリンク



うつ状態かどうか診断する方法はインターネット等で調べれば診断出来るサイトが沢山あるのでやってみましょう。

診断してうつ状態かどうか判断するポイントとして生きるために必要となる食事や睡眠がうまく出来なくなったり、気力が出なくなったり、感情の起伏がなくなる・落ち込みやすくなるなど日常生活を送るのが困難になっているのであればうつ症状であると診断してもおかしくない可能性は高いです。

もちろん、その恋愛が真剣であればあっただけ、どんな方でもしばらくはこのような状態は続きます。とはいえいつまでたってもこのような状態では大変です。

特に幼児期に愛情不足で恋愛依存症になっていた方などはうつ状態に発展する可能性は高いです。学校や職場での精神的・肉体的ストレスで弱っているところに失恋が最期の一撃となって許容量を越えてしまうこともあります。

スポンサードリンク



ただ単に失恋で気持ちが沈んでいるだけであれば時間が解決してくれるのですが、うつ病まで発展しているのであれば精神科医や心理カウンセラーといった専門家の正しい診断と治療を受けた方が良いのかもしれません。1ヶ月過ぎても症状が続くのであれば相談して正しい診断をして頂きましょう。

ポイントになるのは、一人でいつまでも抱え込まずに誰かに相談するということです。

色んな専門家の話でもストレスが完璧になくならないにしても悩みの9割近くも解消できてスッキリすることが多いというのも事実としてあります。

人間の心理として共感してもらえると気が楽になった経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

失恋うつの時の気になる治し方とは?

自分でできる治し方ですが、まずは失恋の事実をしっかり受け止めましょう。とにかく泣きたいだけ泣いてください。

それがちょっと恥ずかしいなら泣ける映画をレンタルしてきて、その力も借りながらとにかく泣いて洗い流してしまいましょう。

素直な感情を出して吐き出してしまうことはとても重要でいつまでも引きずらないためにも泣ききってしまうことをオススメします。

日本人の傾向にもあるでしょうが、大人になるにつれてどうしても素直な感情を出してしまうのは恥ずかしいとか思ってしまって本当は苦しいのに平気なふりをしてしまいがちですが、これが常にそのような状態になると自分自身がどうしたいのかが分からなく混乱してしまいがちになります。

そうならないためにも素直に悩みを吐き出せる友人、話し相手を作っておくことがとても大事です。

仮に相談相手がいないとしても今は無料電話相談やSNSでも相談サイトがあったりするので本音を吐き出す場を持っておきましょう。

そうして次の恋に眼を向けましょう。自身の悪かったところがあれば次に同じ失敗を繰り返さないよう注意する必要はあります。

とはいえ、失恋は決して自身だけが悪いとは言い切れずただ単に相手にとって好みではなかっただけかもしれません。必要以上に自分を責めるのはやめましょう。ただ単に合わなかっただけです。

失恋うつ状態になると心身ともに疲労してしまっています。重いうつ病だと診断される前に、とりあえず心も身体もゆっくりと休めてください。

無理に頑張ろうとするとストレスは増える一方、うつ病は悪化します。傷心旅行して気分転換し、ゆったりと温泉に入るのもおすすめです。

ストレスや辛さを解消するのに甘いものを食べるのも良いですが、太って恋愛に向かない体型へと変貌してしまっては大変です。

それよりは3度の食事をきちんと食べると共に、肉や魚などの動物性タンパク質・納豆や豆腐といった大豆食品の植物性タンパク質をきちんと取り、しっかりと太陽の光を浴び、適度な運動や質のよい眠りと規則正しい生活を心がけることで、脳内物質・セロトニンの分泌を促すようにした方がよいでしょう。

次の恋に眼を向けるのもいいでしょう。でもそういう気分にまだなれないというなら趣味など自分の好きなことをする時間を取り戻してみてはいかがでしょう。

どうしても恋愛中はデートなど忙しく彼氏中心となってしまうものです。好きなことをして楽しく過ごしていればキラキラと輝くため男性の目に留まることも多いはずです。新たな場所ではまた新たな出会いも待っているでしょう。

相手がいる以上は、恋愛は必ずしも自分の思い通りにはなりません。

とはいえ日頃から心と身体を弱らせないようにして失恋くらい吹き飛ばせるだけの精神力を養っておき、どうしてもというときにはきちんと専門家の力も借りて診断してもらって、うつで倒れてしまわないようにしてください。たとえ時間が解決してくれなくても、適切な治し方を行えば必ず回復できます。

失恋うつから立ち直るにはこんな行動と考え方が有効!

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ