安眠するためにオススメの食べ物と方法とは?

朝早くに起床し日中も活発に動いていたのにも関わらず、夜になっても眠気が感じられずにベッドの中で長い時間が経過してしまい、安眠出来ず寝不足に陥るという事例は珍しい事ではありません。

睡眠不足に陥ると体が本来持つ免疫力が損なわれ、あらゆる体調不良の原因になり悪循環の引き金になるため、安眠を確保するのは健康的な生活を営む上での基礎となります。

様々な方法がありますが、人体は口から摂取したものが時間の経過と共に吸収されて形成されていく事を考慮した場合、最良と言えるのは食べ物を意識的に変化させて安眠を確保する事です。

安眠をするためにオススメの食べ物とは?

中でも食生活の中に取り入れたいのは葉酸であり、葉酸は妊娠している妊婦さんにとっては馴染み深い食材であるものの、一般的にはあまり詳しいことを知識と知っている方は少ないようです。

存在の認知度が低いからこそつい不足しがちになってしまうのですが、葉酸というのはビタミンB群の一つであり不足してしまうと体内の血流が悪化し、ストレスに対して抵抗力が損なわれてしまいます。

他にも足の先を中心として刺すような痛みを覚えたり、痺れを感じている時にもビタミンB群が不足している現れなので、葉酸から摂取する事が求められます。

多く含まれている食べ物は小松菜やほうれん草、ブロッコリーなどであり女性の場合はほうれん草に換算すると、およそ200グラム分を摂取しなければなりません。

最良なのは野菜から摂取する事ですが、200グラム分のほうれん草を頂いてしまうと既に満腹感を覚え、他の食べ物が食べられなくなるのなら方法として栄養の偏りを予防すべくサプリメントを活用するのも良いでしょう。

同じく血流が悪くなり安眠が阻害されている状態を改善させられる食べ物として挙げられるのが卵やひじき、レバーといった鉄分を豊富に含有している食べ物です。

鉄分が人体にもたらす効能は血液を用いて酸素を体の隅々にまで行き渡らせるという事の他に、血液量そのものを増やすという作用もあります。

女性に多い冷え性の症状は安眠を妨害する直接的な要因となるので、冷え性の方は特に重点的に鉄分の補給に努めるように心がけ、1日あたり35ミリグラムという目安をきっちりと守るようにしましょう。

35ミリグラム分の鉄分に相当するのは豚肉のレバーであればおよそ300グラム分でありひじきであればおよそ70グラム分、青のりならおよそ50グラム分となります。

日々肉体労働に励んでいる男性や発汗量が突出して増える夏場に寝付きが悪くなるという方は、体内に疲労を感じさせる乳酸が溜まりやすくなる事が要因なので、乳酸を体外に取り除きながら疲労回復を目指す方法が求められます。

そこで得るべき食べ物からの栄養素はビタミンB1に区分されているチアミンとなり、不足していると強い疲労感を抱いているのにベッドに横になっても眠れないという問題に陥ります。

そのため、いわゆる睡眠導入剤の中に有効成分として配合されている事が多いのですが、体への健康的な影響や癖付く事を考慮した際にはやはり自然な食材から摂取する方法が健康的なので食べ物から得るようにしましょう。

具体的な食べ物には玉ねぎやニンニク、玄米となり1日に得るべき量は1ミリグラム程とされていますが自然な食べ物から摂取する場合は、大量摂取しても健康上リスクはありません。

このように安眠するには体の中から行うアプローチする方法が必要不可欠なのですが、正しい栄養ある食べ物を食べる習慣を送っていても安眠を阻害してしまう原因があると相変わらず質が悪い睡眠を続けてしまう事になり、疲労感を抱き続けたままになります。

安眠を誘える環境を作れていますか?

まず見直すべきなのは睡眠をとる空間の室内環境についてであり、絶対条件になるのはしっかりと部屋の照明を落として、室外から光が射し込まないようにカーテンをする方法です。

今日では社会が多様化し必ずしも夜の暗い時間にベッドに入るという生活を送っている方ばかりではないですが、現代においても人間は夜になれば横になり暗い環境下で睡眠をとるという事が本能的にインプットされているので、暗い環境で眠るという方法は健やかに安眠するためには欠かせません。

しかし、夜勤などでやむなく昼夜逆転生活をしているのならカーテンを遮光カーテンなどに変更して外の光を一切入らないよう方法をとって、安眠を確保するようにしましょう。

また、現代の寝具と言えばベッドという先入観が強く持たれており、毎回敷いたり畳んだりする手間も不要になる事から大勢の方々に選ばれている方法ですが、あえてベッドから目線を変えて布団にしてみるのも安眠をするために良い方法のひとつです。

良い安眠を得るには体と寝具の関係性が大変重要となり、たとえ大勢の方々に評判が良い寝具であっても全ての方にとって優れた使い心地が得られるというわけではありません。

ベッドが持つ特有の柔らかさが影響し睡眠が阻害されて安眠出来ない事例は珍しくないので、あえて布団などの他の寝具に対しても目を向けて選択してみる事が大切です。

さらに、睡眠前の過ごす方法についても見直しを行いできるだけ入浴後の自然に体温が下がってきた段階でスムーズに布団に入れるようにしておくと安眠出来るようになります。

自分自身の経験談

自分自身も睡眠改善に安眠をするためには大変苦労しましたので本当に色んな方法を試してきました。

うつ病を患っている方に共通する症状として睡眠障害があると言われますが自分も正にその通りでそもそも寝付けない、夜中に目が覚める、早朝に目が覚めてしまうとか本当にめちゃくちゃで安眠どころではありませんでした。

安眠出来るようになるまでの期間もすごく長くてある程度すっきり眠れるまで数年はかかりました。

自分の場合は自律神経失調の症状もあって全身が緊張状態であったのもあり、まともに眠れない日々がすごく長かったです。

上に書いているような食事改善や定期的な運動を欠かさず継続する方法を試すことで本当に少しずつの改善でした。

栄養状態とうつ病、不眠などは無関係だと考えていらっしゃる方も多いようですが本当にこれが重要で元気になった今から思えば特に食事からの栄養改善する方法は有効で多少食欲がないとか、吐くまでいかない場合は無理やりにでも何か食べておいた方が良いという感じに思います。

何故なら人間は食べ物からの栄養で生きることが出来ているので本当にこれは大事です。

それから睡眠に悩んでいる方の多くで気になるのがそもそも運動不足というのもあります。

「最近眠れない」「安眠出来ない」と盛んに訴える方の話を聞いてみるとうつ病かどうか以前に生活習慣が滅茶苦茶な方がとても多いと感じます。

学生の時に運動習慣がある方ならより分かりやすいと思いますが夕食時の時点で眠気に襲われた経験がある方も多いのではないでしょうか。

それくらいきちんと食べていれば自然に眠気は起きてくるものです。

安眠する方法として眠気が出てから必ず布団に入るようにしたりアロマを焚いてみたり枕を変えたりカーテンを変えたりとか本やネットで検索して出来る範囲で色々な方法を試してきました。

眠りの悩みがあり安眠出来ない方は神経質タイプの方も多いようで眠らなければならないとか〇時だからもう布団に入らなければとか強迫観念を持ちやすいように感じることも多かったです。

これは実際にたくさんの方と話していて共通していましたね。

夜中に目が覚めるなら一回は布団から出て外の景色を眺めるとか意識を他へ向ける時間を作ってみる方法をオススメします。

空を眺めながら視野を大きくとらえて見れば今の悩みが小さく見えることもあります。

眠れずまともに安眠出来ないことで悩んでいる方は定期的に空など遠くの景色を見る方法もオススメします。