安眠を導いてくれる飲み物とその方法とは?

夜更かしをせずに日々規則正しい生活を営みつつ睡眠時間も十分に確保しているのにも関わらず、起床時間に目覚ましが鳴り響いているのに起きられなかったり二度寝をしてしまうという方は少なくないと思います。

睡眠時間と生活習慣に問題が無いのに起きられない上に、日中も活力が感じられずに無気力な状態で過ごしてしまう機会が多いという場合は、時間のみならず睡眠の質についても目を向けて改善策を練る必要があります。

安眠とはどういう状態を言うの?

そもそも安眠というのは就寝中に一切目覚める事無く朝を迎えるという事のみに限らず、布団やベッドに入った時にすぐに寝付ける上に起床時に倦怠感などが無く爽快感を抱く事を指します。

寝付きの良さと熟睡、爽快感のある寝起きというのは人間の健康状態と直接的に関係しているため体温や体内環境、ホルモン分泌により著しく変化し各々の要点が一つでも正常に機能していないとより良い眠りを得る事は出来ません。

その結果肉体疲労が解消出来ずに蓄積する一方になり、疲労感が引き金となり心理的にも落ち込みがちになったり、ホルモン分泌がより一層減少しますます倦怠感が強まってしまいます。

そこで、体内環境を健やかにして自律神経なども整えて安眠に導いてくれるための様々な方法を上手に用いる事がポイントになるのですが、自律神経というのは自分の気持ちのみではコントロールする事は出来ないので、いかに効果的な物を適材適所で使えるのかがポイントになります。

最も手軽かつ効果的で就寝前の喉を潤す事が出来るという点でも効率的な方法なのが、温めた飲み物を口にして眠気を誘う方法です。

具体的にオススメ出来る飲み物は?

人体は口から温かい物を取り込むと体温が内臓の深い所から上昇していくため、表面上のみが暖まった状態とは異なる環境を作り出す事が出来ますし、摂取後に時間の経過と共に少しずつ体温が低下し始める事により、眠気が自然な状態で起こり安眠するためのリズムを構成するのに最良です。

もちろん、摂取する飲み物はカフェインが一切含有されていないノンカフェインが必須条件となり、温かい物と言えばホットコーヒーが好きという方でも我慢しなければならないですし、近年流行しているノンカフェインコーヒーもノンカフェインであったとしても選ばない方が良いでしょう。

安眠を誘発させるために選ぶべき飲み物として最良なのは白湯(さゆ)であり、白湯はお水を沸かしたお湯なので胃と腸に一切負担をかける事無く頂く事ができ、体温を高めるという事のみに集中する事が可能です。
しかも、白湯はその時の体調により感じられる風味に違いがあるという特性があるため、自分自身の健康状態を把握し健康管理に努めるためには絶好の頼もしいパートナーになってくれます。

比較的体調が良い時は白湯を口にした時に無味無臭であったり甘みを感じるのですが、あまり体調が優れないという場合には苦味を感じるので早い段階から変調に気が付く事ができ、早めの対処が出来るようになるので身体に起こっているダメージを早く修復させられ手遅れにさせません。

一方、白湯に飽きてしまったり苦手としている場合には味が付いている飲み物が飲みたくなりますが、味が付いている物として最適なのは生姜湯です。

喉の調子が悪い時や風邪気味の時に飲用する方が多い生姜湯は安眠のためにも一役買ってくれる頼もしい飲み物であり、液体自体の温度と共に生姜が持つ身体を温めてくれる作用によって、手足の指先といった末端に至るまで温めてくれるため冷え性の方にも優れています。

ただし、ドラッグストアやスーパーマーケットに行くと簡単に飲用可能な商品が多数販売されていて手軽ですが、市販品の場合は風味を強めるために砂糖の含有量が多めになっているので、眠る前に導入する方法としては白湯に生姜パウダーを混ぜ合わせて頂くと良いでしょう。

そして、就寝する直前ではなく少しの時間があるという場合には夕食を終えた後や入浴を終えて汗が引き、しばらく経った時間帯を見計らってカモミールティーを飲む方法も美味しく良い睡眠に導ける手段です。

ヨーロッパにおいては古くからカモミールティーが安眠を得るためには良い方法であると認知されており、身体に負担が大きな睡眠導入剤などに頼ることなく優しく不眠症の対策が行える方法として人気があります。

カモミールティーが持っている白湯や生姜湯とは異なる良いポイントはティーならではの薫り高い心地良い香りで、鼻から吸い込むと優しく香りが鼻を通り五感をリラックスさせてくれます。

五感がリラックスするというのは心理的なプレッシャーや緊張感から解き放ってくれる状態なので抱え込んでいる心理的な負担が軽やかになる事は当然の事ながら、強張っている筋肉も柔軟になり健やかな眠りが手に入ります。

さらに、カモミールティーは立ち上る蒸気の中に鼻の通りを良くしてくれる有効成分が含まれているので、香りを嗅いだ時に鼻の通りが良好になり就寝中に鼻詰まりに悩まされ起きてしまうという方にとっても良い飲み物です。

自分自身の体験談

自分自身もうつ病を克服するために本当に色々な飲み物は試してきました。

ホットミルク、生姜湯、白湯など本当に色んなメーカーのものを試してきました。

自分の体験では生姜湯は本当に体の芯からポカポカするのが体感でき睡眠の質の改善に頼りになりました。

眠れないということはとてもストレスに感じますよね。

心配事や不安があると誰もが短期的には寝れないことはあるでしょうがそれが長期的になると元通りの安眠をむかえることは困難になることも多いです。

自分の経験でも睡眠障害にはかなり悩まされましたから子供の頃のような安眠がどんなものだったのかすっかり忘れていました。

うつ病に良いと言われる飲み物も今は本当に色々出回っているので色々な飲み物を試してみるのは良いと思いますが海外の製品や国内でも粗悪な商品もあるのでよく注意して気になることがあればすぐに問い合わせて数日試してみて極端な違和感があれば中止するという判断も大事になると思います。