高齢者にオススメの安眠するための方法とは?

高齢者におすすめできる安眠する方法は、しっかり食事を三食きちんと摂取した上で、体を動かすことです。

高齢者になると、極端に食事が少なくなってしまったり、運動量が少なくなってしまう傾向にあり、この状態によって、日中の血圧が低下してしまい、睡眠時のような状態になってしまうのです。

安眠のために食事と運動を見直してみませんか?

これが原因で夜中に目が覚めてしまい、深い眠りにつくことが困難になります。

この問題を解決するためには、何よりもしっかり運動して、食事を摂取することが重要です。

運動することにより身体に疲労が蓄積されて、眠気が誘発されます。

それだけでなく食事をしっかり摂取することにより、体内時計が正常化され、自律神経の乱れが改善されます。

高齢になったからと言って極端に食事制限をすることは安眠を妨害してしまうので、避けたほうが良いのです。

適度に運動することにも意味があり、自律神経の乱れが改善されるだけでなく、血行も改善されるので、脳に血液が巡ることから認知症予防にも繋がります。

他には寝具に注意することが良いでしょう。高齢者の中には、古い寝具をそのまま使用していることもあるので、これが原因でアレルギーの症状が発生してしまうことがあります。

古い寝具には、ダニの死骸やダニの糞などのアレルゲンが大量に含まれているだけでなく、長年の使用によって硬くなっているので、快眠することが難しくなっているのです。

この問題を解決するためには、寝具を新しく購入することが重要になります。

特に高齢者になると寝具によって受ける身体へのダメージは若者とは比較にならず、体質と異なった硬さの布団を使用していると、脊髄や血管を圧迫してしまうので、血流が滞り、身体が極端にむくんでしまったり、脳に血液が送られにくくなることから認知症などの脳の疾患に発展してしまう可能性が浮上します。

そのため、自分の身体に一致した適切な寝具を、実際に寝具を販売している店舗に行って、確認した後に購入することが望ましいでしょう。

布団の硬さに関する問題が改善されない限り、睡眠不足などの影響が改善されることはありません。

しっかり選んで、睡眠不足に関する問題を改善させ、快眠するようにしましょう。また、この安眠出来ない問題を自分の判断で、市販の睡眠薬を服用して解決しようとしている方がいますが、高齢者の市販の睡眠薬の使用はおすすめできません。

高齢者は、自律神経のバランスを崩してしまいやすく、睡眠薬によって強制的に自律神経をコントロールしてしまうと、日中に活動することが困難になってしまったり、うつ病などの症状を抱えてしまうことになってしまいます。

それだけでなく、自己判断で睡眠薬を大量に服用していると、睡眠薬の成分の血中濃度が上昇することにより、様々な後遺症が発生してしまうのです。

この後遺症に関しては治療は戻ることが難しいので、取り返すことは出来ません。

症状が悪化してしまうケースもあるので、可能な限り日常的な生活の中から自然に安眠出来るように改善していくことが理想的です。

アロマの力を利用して、眠気を誘発することは非常に有効です。アロマによっては、リラックス効果があるものや、脳の働きを活性化させるものなどが存在しており、それらを利用することで、深い眠りにつくことが出来ます。

アロマの種類は非常に豊富にありますが、精油の原液をそのまま肌につけることはしないように注意しましょう。肌に直接塗ると、濃度が高いので肌が荒れてしまうなどの症状が発生します。

誤って手などに付着してしまった場合はすぐに水道水で洗い流すようにしましょう。

アロマを使用する際には、専用のアロマディフューザーを利用することが良いです。アロマディフューザーには加湿機能まであるので、冬の時期はインフルエンザ対策にもなります。

レモンやラベンダーなどの代表的なものから、ペパーミントなどの爽やかな香りまで楽しめるので、趣味としても申し分はありません。価格も5ミリリットルで500円から1000円程度なので気軽に購入することが出来ます。

使い方は、水を入れたアロマディフューザーに、精油を数滴垂らしたあと、スイッチを入れて起動させるだけです。上部から蒸気が出るので、そこからアロマの匂いの成分が楽しむことが出来ます。

足つぼマッサージを利用する方法も有効であると言われています。不眠の原因とされているのは、体内の血液が正常に巡っておらず、血行不良になっているところから、副交感神経が優位になっているのです。

この問題を解決するには、つぼを刺激して血行の問題を改善させる必要があるのです。

前述の運動にも関係していますが、身体を動かすことが困難であれば、せめて一日に数分だけでも良いので、足つぼマッサージを利用して、血行不良を緩和させましょう。

血行不良が緩和させれば、認知症の症状も回避することができる可能性が高まりますし、交感神経が優位に働くので生活にも活力が生まれます。

自分自身の睡眠に関する経験談

自分自身も睡眠のトラブルには本当に苦労しました。

そもそも寝付けない、夜中に何回も目が覚める、早朝に目が覚めると睡眠の質が全くめちゃくちゃになりました。

そこで食事内容を改善し今まで何も考えずに好きなものだけ食べていたのを栄養の高いタンパク質をメインなものに切り変えて栄養を十分に摂るようにしたり運動を定期的に取り組むようにして生活習慣を改めることから始めていきました。

ある知りあいから言われた「精神的な疲労より肉体疲労が上回れば眠れるものだ」というのにすごく納得したので運動と食事には気をつけるようになりました。

特に運動は適度な散歩くらいが良いと一般には言われますが自分はある程度きつめの運動を取り入れるようにしました。

理由としてはなるべく早く疲れさせるということを自分に体感させたかったからですね。

もちろん毎日ストイックに追い込むわけではなく時々はそのようにしていました。

そうしていると自分にそのやり方が合っていたのか少しずつ改善の兆しも見えてきました。

それから「リラクミン」というサプリメントも並行こうして使うようにしていました。

これはネットでたまたま目に入ったサプリメントですが安価で継続することも出来、睡眠を改善してくるのに大いに助けになりました。

睡眠の質の改善には特別な変わった方法をとるのではなくよく眠れていた頃の行動をもう一度見直してみるのが良いかもしれませんね。