コミュニケーション不足だと老人性うつ病になりやすい?気になる対策法とは?

老人性うつ病とは正式な病名としては扱われていませんが、一般的に65歳以上の高齢者が患う症状のことをよんでいます。主な症状としては1日中ぼーっとしている、何となく元気がないなどの様子が挙げられますが、これらは認知症の初期症状でもあるので、認知症と老人性うつ病は勘違いされやすいとも言えます。

老人性うつ病とは具体的にどんな症状?

早期に正しく治療を行えば治る病気ですが、知らない間に悪化が進んでしまう可能性もあるので、何となく様子がおかしいと思った場合には、老人性うつ病の可能性も視野に入れることが大切です。

老人性うつ病の具体的な症状としては頭痛やめまい、食欲不振、肩こり、耳鳴りなどの身体的な不調を頻繁に訴えることが多く見られます。家族は心配して内科などの様々な科を受診することとなりますが、特に異常が見当たらずに原因を特定できないこともあります。

これらの症状以外にも不安感を訴えてきたり落ち着きがなくなる、趣味などにも興味がなくなるなどの症状も見られます。そのまま放置すると病状はどんどん悪化していき、最悪の場合には自分から命を絶ってしまうケースもあるので、老人性うつ病は早急に医師の治療を受けなければなりません。

老人性うつ病は仕事上のストレスなどよりは、環境的な要因や心理的な要因が主な原因と言われています。環境的要因の具体的な例としては定年退職後仕事がなくやることがなくなってしまったこと、子供の独立、引っ越しなどの環境の変化などがあげられ、心理的要因としては配偶者やペットがなくなってしまった、重い病気にかかったなどがあげられるでしょう。

不安や喪失感などの症状が見られる場合には心理的要因である可能性が高いので、本人の様子をじっくりと観察する必要があるでしょう。

老人性うつ病は認知症とどう違うの?

老人性うつ病は認知症と間違われやすいケースが多く見られますが、異なる点としては老人性うつ病の場合には比較的短期間で複数の症状があらわれるので周囲が気づきやすい特徴があり、またある日突然数日前のことを思い出せなくなって、それにより本人の不安が高まる傾向もあります。

また抑うつ気分が強い特徴もあり、自責の念が強くなって物事に対して悲観的になることもあるでしょう。定年退職後や配偶者が亡くなることで、一人になったりやることがなくなったりしてしまうと、慢性的なコミュニケーション不足に陥ることもあります。

そのため周りの人たちがコミュニケーションをとることが予防にもつながりますが、コミュニケーションをとる場合にも意識しなければならないことがあります。

まずは高齢者となると言葉でのコミュニケーションよりも非言語コミュニケーションの方が重要となります。非言語コミュニケーションとは、笑顔で接することややさしく触れ合うこと、楽しい、心地よい映像や音楽などの方が高齢者の心には伝わりやすいということです。

そしてなるべく難しい文章や言葉を使わないようにコミュニケーションをとることを心掛ける必要もあります。高齢者は難しい文章や言葉を理解する能力が少しずつ衰えていく傾向にあります。

そのため出来るだけ分かりやすく伝えることを心がけましょう。また会話のペースを早めてしまうと、高齢者はなかなか理解することが出来ずに、会話に対して反応することが出来なくなってしまいます。

高齢者のペースに合わせてコミュニケーションをとるように心がけましょう。また声の高さも重要で、年を重ねるごとに聴力が低下することになりますが、高音よりも低音の方が聞き取りやすいと言われています。そのため自分の出来る範囲で声を低くした方が、高齢者にとっては聞き取りやすいでしょう。

そして病院で診断を受け薬を処方してもらうことはもちろん大切ですが、それ以外にも家庭でも出来るコミュニケーションをとる方法や予防方法などがあります。

まずは介護のいらないことは自分でしてもらうように心がけましょう。過剰な介護をしてしまうと、症状を悪化させることにつながります。

そして他人と接してコミュニケーションをとる機会を多く持つことが何よりも重要です。他人と会話をする機会を持つことが、予防や改善につながるケースが多く見られます。趣味で仲間とつながりを持ったり、ショートステイやデイサービスなどを利用して、他の利用者や職員の人たちとコミュニケーションをとる機会を作ることも大きな効果があります。

そして簡単な読み書きや計算などを行うことにより、学習療法を行ってみましょう。手と頭を使うことにより脳が活性化し、問題を解くことにより達成感も得られるでしょう。

若い頃に比べてしまうと、問題を解く難易度も低くなり、問題を解くまでにかかる時間も長くなりますが、大切なことは今出来ることをやるということです。解けなかったことに対して残念がるのではなく、出来たことに対して褒めることを心がけましょう。

また若くて元気だった頃に活躍していたことを話してもらうことも有効といえます。当時の記憶や感覚がよみがえることによって、自分が生き生きしていたころを思い出し、活力を取り戻すこともあります。その際に当時の思い出の写真などがあるとより効果的と言えるでしょう。

老人性うつ病になってしまうときには原因となる出来事や習慣があるものです。その原因を見つけて理解をしてあげることで、解決や予防につながるといえるでしょう。

自分自身が高齢者のうつ病の方と話してきて気づいた事

高齢者になってくると全員とは言いませんが今まで長年会社勤めしてきてそれなりに上のポジションについてきた方も多いのでそういう方はプライドも高く人のアドバイス、特に年下から言われたことは聞かない傾向があるように感じます。

自分の思い通りにならないとすぐに機嫌が悪くなり中には暴れるようなタイプの人もいらっしゃいます。

でもよく話を聞いてコミュニケーションをとるようにしていくと非常に素直に人の話を聞いてくれるようになったりします。

高齢者の方と相手する時にはなるべく話しやすくなるように「聞き役」にまわってあげるとどんどん話す人もなかにはいらっしゃいます。

それから趣味があるか、ないかというのも非常に大きなポイントになっていると言えます。

仕事ばかりで長年過ごしてきた人は楽しみがなくぼーっとしてしまう時間が長く意識の向け先がないのでストレスをためやすいですが趣味友達がいる人はそんなことはなく意識が楽しいことに向いているのでぼけにくいとも言えるのではないでしょうか?

自分自身もいずれは年を取っていくのですがこのような高齢者の方と話す機会もあるので自分はうつ病を経験していることですしその経験を生かして楽しいことをたくさん経験していきたいですね。