過緊張からの睡眠障害や吐き気を克服する方法

今回は「過緊張」という症状の内容をテーマに話してみたいと思います。これは自分の実体験からすごい経験をしたので体験談もふまえて対策などを書いてみたいと思います。

スポンサードリンク



過緊張とはいったいどんなもの?

過緊張とは一般にどんな意味なんでしょうか?

毎朝、起きるはずもない早朝に頻繁に目が覚めてしまう。良いことのような事ですが、本当は危ない症状なんですね。

「過緊張」といい、それが疲れの原因になっているという意味ですね。30代くらいの忙しいビジネスマンの不眠、肩こり、体のだるさ、ほてり、女性に多い冷え症などの症状もそうです。病気というほどではなく、ほっておくとよくないですので対策を自分なりに持っておく事が大切ですね。

几帳面、まじめ、頑張りすぎという日本人の典型的な性格が「過緊張」の症状を引き起こすことも考えられますね

「過緊張」とは、心身の緊張から抜けれなくなり、ゆるめたくても自分ではゆるめられない状態をいいます。

完全に病んでいるほどではないがとても健康とは言えない、いわゆる「未病」を引き起こす「元凶」ともいえますね。

たとえば、毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めることなんかは典型ですね。これは自分の体験でもそのまま当てはまりますが、夜中に目が覚めて後は朝まで寝付けないんですよね。

スポンサードリンク



今は元気なんですが、対策を持ってなかったのも悪かったですね。

この症状は経験者なら分かると思いますがとても辛いものですね。対策として朝方に睡眠薬を飲んだこともありますが、結局意味がなかったですね。

仕事へ出かけなければならないという過緊張の症状の状態からくる一種の症状で、ストレスが溜まっていく前ぶれなんですね。

眠りが浅く夜中に何度も目が覚める症状、トイレへ何度も行き寒いはずなのに汗ばんだり、あまり気づかないが喉や胸につかえを感じて呼吸が浅くなったりする症状。寝起きなのに肩が凝り固まっている症状。こんな症状も、過緊張ととられたりします。対策を立てないのでこうなるんですよね。
寝る前にシャワーを浴びたり好きな音楽を聞いたり、薬酒を飲むことでリラックスこういう対策されてる方も多いんでしょうね。遊びですら真面目にとらえすぎて冗談が通じず頑張りすぎるような人に多く。例として緊張をとりたいならスポーツをどんどんしたほうが良いというと反対にプレッシャーに感じる人は、自分の知らないうちに「未病」に陥るタイプでしょうね。

興奮状態の交感神経夜になっても活発なままで、リラックス状態の副交感神経に上手く変わらないことで起こる。興奮状態から離れなくて、その日の疲れがとれないわけですね。そういう意味では「過緊張の症状は万病のもと」なんですね。

対策としてゆっくりと風呂に入って体を温める、風呂あがりに軽いストレッチをする、横になりながら好きな音楽を聴く、静かに読書を楽しむ、マッサージをする…。その日の疲れをとる対策としてその日のうちにとることをオススメしますね。

他の対策として血行をよくして体調を整える効果があるとされる生薬(漢方)は、「冷え性の女性に効果が期待できるといわれるが、じつは男性にも効果がある」と聞いたことありますね。

過緊張は、最近はパソコンに向かう機会が多い人にありがちなデジタル・ストレスの症状としても表れるといいます。20代~30代のビジネスマンは、その人にあった方法で体の過緊張をゆるめる対策が必要ですね。

過緊張とは

要するに、これらの症状は自律神経バランスが崩れ、交感神経優位な状態が、不自然に長く続いてしまう状態です。

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスで構成され、交感神経は、日中優位になり、体や心を過緊張させ、活動モードにします。

かたや副交感神経は、夕方から夜にかけて優位となり、休息モードにして、体や心をリラックスさせる働きをつかさどっています。

過緊張の症状とは、日中の交感神経の強い緊張が本来、副交感神経に切り替わらなければならない夜まで続き、続いている状態だといえます。

それで、この過緊張に悩む人が、今増えています。

過緊張がなぜ増えているのか、ということに対し、その過緊張を解消するための対策として、皆さん大好きな食事と、お風呂がこの時期には一番だと思いますね。

対策として夕食には、ふだんより疲労回復に必要な鉄分、アミノ酸、各種ビタミンがたっぷりとれるような、ご馳走を食べることをオススメします。


過緊張からの睡眠障害

「今日は12時までの残業で疲れ切って帰ってきたのに、なかなか寝付けなかった。おまけに、途中で目が覚めたりとかありませんか?

散歩や軽いジョギングなどで軽く汗をかくくらいの運動をすると適度に体が疲れてくれて睡眠障害を改善して睡眠を促進します。

極端に激しい運動は、興奮状態を維持してしまい、逆効果になることもあります。同じように、眠る前に精神的に緊張したりストレスを受けることも避けるべきです。

 

重要なのは何が原因で睡眠障害になったのか探ってみることです。そこで、まず、どんなタイプの睡眠の悩みなのかハッキリさせることが必要です。

吐き気が頻繁にあるのも過緊張の症状かも

過緊張が原因となっての吐き気もいろいろなところからきていて。一般の方でも過食しすぎたりアルコールを多量に摂取すれば誰でも吐き気が起きますよね。ストレスからの吐き気もあります。ストレスによる吐き気は「心因性嘔吐」といい、主な症状は吐き気、嘔吐です。

現代社会でストレスが完全に0であるという生活を送る事はとても難しい事です。
自分の好きなスポーツ、趣味を楽しむなど積極的にストレスを発散するようにしましょう。

読者さんの中には、睡眠の悩みからくる吐き気やどうしても食欲がなくまともに御飯が食べられず空腹に悩まされている方はいらっしゃいませんか? 

良質な睡眠がとれなくて睡眠障害の状態になると、疲労が抜けきれず仕事で簡単にミスをしたり集中力の低下が見られたりします。

睡眠障害による吐き気を解消するためには、「寝不足と吐き気の関係性」を理解し、「寝不足を解消すること」が吐き気の改善に重要になります

つまりストレスが原因で吐き気や嘔吐の症状がでる事もあります。

耐えきれないほどのストレスや不安感など心理面の影響からくる吐き気を、心因性おう吐と呼んだりするそうです。

心因的おう吐のケースだと吐き気があっても病院でレントゲンや血液検査でなどの検査をしても、異常が見つからないのが特徴です。

ストレスが主な原因なので、ストレスを無くしてあげる事で吐き気の症状が緩和します。

原因が分からない吐き気は、まずストレスからくる心因的おう吐をまず疑ってみましょう。

吐き気の原因として圧倒的に多いのは自律神経失調症が関係したものです。

これは吐き気を発症するのは、脳の中の脳幹という部位に問題が起こることで体の平衡を保つことが困難になるからです。
脳幹では自律神経をコントロールしていますので吐き気が出ると自律神経の異常を疑うわけです。

自律神経の乱れは様々な症状の原因となるものです。吐き気やめまいや血圧が激しく上下する、動悸、立ち眩み、過呼吸、頭痛、冷や汗が出る、微熱、不安感やイライラなどあらゆる症状が出ることもあります。

頭の働きが鈍って理解力や記憶力が明らかに落ちてきます。こんな時は早朝散歩で太陽の光を浴びたり朝食をしっかり摂って熱いシャワーを浴びたりしてスッキリ目覚めさせましょう。

健康で毎日はつらつと過ごすためにも良質な眠りはとても重要で。良い眠りは心身の疲れをとってくれて、免疫力を高めてくれるといった役割もあります。

睡眠の悩みの問題が1から2週間以上続くようだと、睡眠障害が進行している可能性もあります。睡眠障害と言ってもそれぞれ人により個人差が大きいのでその原因によって対応策も違ってきます。適切な治療を受けるためにも、自分の睡眠状態や睡眠障害の問題を把握しておくことは重要です。

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ