会社員の場合のうつ病を克服する方法

人間関係が原因で会社員の方がうつ病になってしまった場合の克服まで

会社員の場合は休職期間を終えて復職する場合には元々いた会社に戻るので、あまり違和感なく復職することが可能かと思います。

今までの人間関係の問題が解決すれば働きやすさも変わるはずです。

スポンサードリンク



会社員の場合

でも、問題もたくさんあって配属先が変わったり能力に応じた仕事への移動があるかもしれません。

そうすると人間関係も変わりますよね。

又は、うつ病を経験していることで変に気を使ったりよそよそしくなったり反対に斜めに見る人もなかにはいるかもしれません。

会社員の場合、うつ病を克服して職場へ復職すると、人間関係をはじめ改善されて良くなった面や反対に難しくなる場面が目の前に現れることもあると思います。

ここでとても重要な事は絶対に一人で抱え込まずに、家族のうちの誰か一人でも或いは知人や友人や同じうつ病と戦っている克服しようとしている仲間と心が落ち着くまで話し合いをとことんしてください。

スポンサードリンク



会社員の方がうつ病を克服できたのは身の周りの方とコミュニケーションをとること良好な人間関係こそが、うつ病を克服できた証拠なのかもしれませんね。

中年以降の会社員の場合は仕事でも重要なポジションについたり家庭でも子供が大きくなってきて難しい年頃になって心配事が増えたり、今まで苦労して積み上げてきた経験を生かして責任を果たす人生で一番充実感を得られる時期でもあると思います。

会社員だったら昇進などの良いことばかりではなくて、転職、リストラや人間関係のトラブルもあるでしょう。

家庭内でも、両親の介護や子供達の自立の場面にも直面したり自分自身の健康状態も気になる時期でもあります。

心に複数の大きな負担がかかる時期でもあって、うつ病におちいりやすい世代でもあります。

会社員でなくても今は学校や身近な人間関係でストレス過多の傾向にあるよう思います。

今はSNSが発達してリアルな対人のコミュニケーションをとらなくてもコンピューターで知らない人とも簡単に連絡が取り合えるので便利な反面、過剰なストレスを背負うことも多いと聞きます。

特に会社員の場合はやっぱり人間関係が複雑すぎて簡単に上手くいきませんよね。

あまりにも相談相手もいずに 一人で抱え込みすぎてストレスから心身のバランスをくずして憂鬱な状態が長く続いてその結果、うつ病になってしまうことが今はとても多いです。

会社員の場合、人間関係が良好な場合は良いですが、人間関係につまづくことが多いと、ついなぜ自分だけがこんな嫌な目にあわないといけないんだろうと、沈み込がちですが、一旦、落ち着いて自分自身の行動や言動のパターンをじっくり客観的に分析してみること大事だと思います。

克服のカギは人間関係も大きい

誰々がいらつく、むかつくと言ったとしてもひょっとしたら根本原因には自分自身がからんでいるかもしれません。

人間関係で悩んでいる根本原因には、あなた自身にも何か問題がある可能性も0ではありません。

例えば朝の挨拶が雑であったり、そもそも態度が悪かったりということが自分自身では自覚がなくても周りからはそのように見えているかもしれませんよ。

会社員として仕事そのものも全く苦痛だけの苦行になってしまい会社に行くのが嫌で嫌で仕方なくなってきます。

余計にストレスを抱え込み過ぎないようにするにはあらかじめ仕事を終えたら○○をするとか事前に楽しい計画を立てておくことがオススメです。

仕事とプライベートを上手に切り替え、ストレスをため込んでうつ病になってしまう前に、自分の心を何か好きな事をすることでリフレッシュしましょう。

会社はうつ病を治してはくれません。

会社員という立場では、年齢も違えば性格、考え方も多少なりとも違う人間が集まって一つのことを達成しないといけません。

性格が違う人間がたくさんいるわけなので考えてみればかなり難しいことですよね。

会社員をしていて1度も人間関係のトラブルが出てこなかった方はおそらく一人もいないのではないでしょうか。

人それそれ考え方があり会社の人間関係なんかにそんなに深刻にならないと割り切れる方も多いかもしれませんが、 それが現実問題なかなか出来ない人も多いです。

知り合いからのアドバイスで「会社員は会社なんか利用するものだ」と聞きましたが、今はその考えが腑に落ちますが、当時はすごく深刻に思いつめて仕事のことを考えていました。

夜、ベッドに入っても仕事のことが頭からなかなか離れず眠りにも障害が出てきました。

会社の人間関係が原因なんかでうつ病なんかなってしまってと自責の念にかられる方もいらっしゃると思いますが、うつ病になったからといって決して貴方自身が精神的に弱いとかといったことはありません。

誰でも発症する可能性があるのがうつ病です。

うつ病になった貴方自身は仕事や人間関係にすごく真面目一筋で一生懸命だったのです。
無理をせずに、休養する時間をとることが間違いなく良い仕事をすることに必ず繋がるんです。

例えば次に挙げるような対策をとってみてほしいですね。

人間関係をどのように築いていくかは、人それぞれかなりの特徴があります。

会社員の人に多いのは人間関係のストレスでうつ病になってしまうタイプの人は、自分自身で人間関係を余計複雑にしてしまっている部分もかなりあり得ます。

自分の思い通りにならないことでイライラすることも多いですよね。

 

お互いに対等に尊重し合えるような関係を目指したいですね。

会社員のの人間関係で完璧を求めるあまり、小さいことが気になり、悩みすぎていても自分の思い通りになることは難しいので悩み癖がある人は自分で線引きをして会社は利用するものと割り切って考えてほしいですね

自分も経験してきてますが、数年間一緒にいたとしてもどうしても波長が違って合わない人というのは必ず一人はいることでしょう。

真面目な方この難しことをなんとかしようとしますが、いっそのこと人間関係をあきらめるくらいの気持ちでいたほうが賢明でしょう。

特定の人に執着しすぎず新しい出会いを追求したほうが賢明ですよね!!

会社員の場合苦手なタイプと全く付き合わないというのは難しいでしょうが、仕事の話のみにしてあまり深くつきあうことはする必要もないと思います。

うつ病になってまで、過剰ストレスを抱えて人間関係に我慢をすることはありません。

人間関係の複雑さで過剰なストレスに加えうつ病を発症するリスクがさらに大きくなっていくと考えられます。

仕事のほぼ100パーセント近くはやはり人間関係が大きいと思います。

私自身も仕事の作業のストレスよりもはるかに人間関係に苦戦していました。

人に会いたくないと考えてしまうこともあると思います。 どのような思考パターンに転換すれば少しは楽になるのでしょうか?

こちらの記事も参考にされてみてください。

きっと、役立つヒントがあるはずです。

うつ病の症状として友人や家族に会いたくないことも

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ