妊娠中でも大丈夫! うつ病を克服するポイントの紹介

ここ数年間は過剰なストレス社会の影響で、うつ病を患っている女性も増えてきています。

うつ病の克服に向けて毎日のようにうつ病の薬を服用している女性も珍しいことではありません、心配されている方も多いようですが、うつ病の薬で赤ちゃんに影響を及ぼす薬は非常に少ないそうです。

スポンサードリンク



うつ病の薬は妊娠中でも弊害はない?

うつ病の薬は妊娠している間も服用できるものが多いというのが特徴の一つです。

ところが、お母さんの心の中では出来れば、薬なんか飲みたくないし、気にしなくても大丈夫だと言われていても影響があるかもしれないと考えて克服に向かうはずの薬を服用するのを拒む妊娠中の方もいらっしゃいます。

ですが、うつ病の薬の服用を独断で止めて、うつ病の症状が悪くなってしまった場合のストレスや心配や不安が赤ちゃんに及ぼす影響も少なからずあるかもしれません。

今、現在、克服に向けて服用しているうつ病の薬が赤ちゃんに影響があるのかないのか心配でしょうがない方は、産婦人科の担当の先生に相談するといいでしょう。

うつ病の薬のルボックスなど多く使われている薬を服用しても赤ちゃんには影響はありません。

そんな理由から産婦人科でもうつ病の薬を中止するように言われる事もほとんどないそうです。

克服に向けて産婦人科の先生が飲んでも大丈夫と言っても、お母さんご自身がどうしても気になるので飲みたくないと思えば飲まないという判断もあると思います。ただしそのせいで、いつもよりストレスを感じやすくなりますと、ホルモンバランスが乱れるとかストレスで体調そのものが崩れたりする事があります。

しばらく自分で調子を観察しながら、うつ病の薬の量を減らしたりしながらストレスで体調を崩さない程度に抑えるといいでしょう。

中には少数かもしれませんが、妊娠するとホルモンバランスが崩れたり過剰な心配や不安などから、うつ病を患ってしまう人もいるようです。

妊娠中にうつ病を患ってしまった場合、必要に応じて、妊娠中でも克服に向けて胎児に影響の少ない安定剤など処方してもらえることもあるようです。

スポンサードリンク



精神的に不安定で仕方ない時は、薬で和らげることも必要な事です。

病院の薬については賛否両論あるかと思いますが、短期的、緊急の時などは、やはり病院の薬を頼ることも正解です

妊娠している方も使える安定剤や睡眠導入剤もあるので、担当の先生に相談されてみてください。

病院の薬を飲むことにどうしても抵抗があるなら、カウンセラーの話を聞いてみるという方法もあります。

もともと男性より女性の方がうつ病になりやすく、妊娠してから出産した後までは特にその症状が出やすいと言われています。

気分が上向かずすぐれないような時は変に無理をしないで、家族や友達に協力して頂いて、可能な限り悪いストレスから離れて楽しいことを探しながら生活しましょう。

ホルモンバランスの乱れや体の変化によって精神的に不安定になりやすく、うつ病のきしつがあるならなお、気を付けたいですね。

お母さんが悲しい気持ちを長期間引きずっているとお腹の中の赤ちゃんも不安になるので、お腹の中の赤ちゃんにたくさん話しかけてあげるようにしてください。

そして、気分の良い時は、買い物や好きな事をしてリフレッシュをするようにしてください。

気分が落ち込んでいる時に頑張る必要はありません。無理やりしたくないことまで頑張って何かをするのではなくて、今の自分に出来る事をやっていけば十分です。

精神的に不安定な時は、全てを完ぺきにこなそうとすると心身が疲弊しきってしまいます。

周辺の理解がない方の言うことに惑わされないようにして、不安に思っていることや心配事があるなら、家族や友人に聞いてもらって気分の転換をしてなるべく長期間引きずらないようにしましょう。

一人であれもこれもと我慢しながらやるのではなくて家事は家族にも協力してもらってください。

我慢もしすぎると気分がどんどん落ち込んでいくので注意が必要です。

妊娠していても、うつ病を患っている方に使える薬はあるようですし、心理面から克服を目指す治療など薬以外の治療もあります。

何事も「○○し過ぎる」ことは良くないように、心配や不安な状態で長期間過ごすと、ますます不安になってストレスが積み重なることになります。

好きな映画でも定期的に見たりして笑う機会を増やしてできるだけリラックスして、楽しい妊娠中の生活を送ってほしいと思います。

妊娠中のうつ病の原因の一つとして考えられているのは、急激なホルモンバランスの変化と言われます。

本来は妊娠、出産、子育てというのは、素晴らしく喜ばしいことで、自分の子供の出産を前にすごく楽しく、希望に満ちた毎日ですが、そのようなことに対しての不安も大きく、体調も悪くなったりすると、日々の生活で制限があるなど様々な事が原因で、妊娠中にうつ病になってしまうとされています。

本人に違和感があって心配であるという場合は、心療内科など、どこかに相談するようにアドバイスすることも大切なことです。

他のお母さん方が余裕で過ごしているように見えて自分だけなんだか出来てないと否定的に考えがちになることもあるかと思いますが、誰も完璧な人はいないので大丈夫です。うつ病を患いながらも妊娠していて出産しようとされている方は沢山いらっしゃいますし、妊娠中に過剰なストレスからうつ傾向になる方も沢山いらっしゃるのでケアをしっかりすることで乗り越えていくことが可能です。

少しでも早い克服に向かって聞き役に回って話を聞いてあげるだけでもホッとするものですし、話しやすくなります。

優しい言葉を時々かけてあげるだけでも気持ちが楽になります。

うつ病に近い状態だと性交渉をしたいといった気持ちが激減すると言われています。

赤ちゃんは欲しいけど、性交渉をしたい気持ちにどうしてもなれないというそういう不安定なメンタルの状態では、妊娠しやすい体になっているとはいえません。

女性の体はとても繊細なものですので、男性よりもストレスを感じやすいのでメンタル面に大きく影響されてしまいます。

中には、なかなか子供が出来ないので何かおかしいと思い病院で検査してみたら妊娠しにくい体質だった事が分かって、それが原因で深く落ち込んでしまってうつ病を患ってしまう方も多いようです。

妊娠中は少しでもリラックスして過ごして

妊娠中は少しでもリラックスして悪いストレスを避けて過ごすのが良いのですが、いつもそう上手くいく事ばかりではないと思います。

少しでも緩和できるようにイライラしたときはカフェインが入っていないハーブティーを飲んだりして心を落ち着かせましょう。

ハーブティーは緊張をほぐしてくれる作用が期待できます。

妊娠中にオススメなハーブティーとしてカモミールは有名ですよね。

その他にはアロマテラピーには、良い香りで気持ちよくなれます。

笑いがたえず、リラックスした気持ちで過ごすことがお母さんやお腹の中の赤ちゃんにも一番嬉しいことですので、試してみたいという方は是非実践してみてください。

今は妊婦さん専門でマッサージとかリラクゼーションサロンも沢山ありますよね。

ただ注意しないといけないこともあって妊娠している間は使ってはいけないアロマオイルもありますので、買う前にはショップの方に相談したりネットで情報を得ることが大事ですね。

妊娠中にオススメされていることとして有名なアロマテラピーとしてレモンなどの柑橘系があげられます。香りは直接脳へ働きかけてくれる効果が期待できるので楽しんでリラックスして気分を安心させるように工夫してみてください。

妊娠している間はどうしても家で過ごす時間が長くなると思います。

家でばかり長期間過ごしていると、人によっては不安感や孤独感がどんどん増えていくのでメンタル面にとってもあまりよくありません。

暖かくて晴れた日などは気持ちが良いので散歩へ出かけたりして適度に日光浴をすればかなりリフレッシュになると思います。適度な運動をすることによってストレスが解消されることもありますし公園で散歩に来ている人たちが話しかけたりしてくれたりして新しい人間関係が出来たりすることもあります。新たなコミュニケーションが出来あがったら色々相談とかアドバイスをしていただけたり発展することもあります。

もしやってみたいと思っていただけたら是非お試しください。

妊娠している間のお母さんは情緒不安定やイライラ、そして孤独感、不安感など様々な心の病を抱えがちで、うつ病とも常に隣り合わせの状態なので是非、笑う時間、笑顔の時間を少しでも多くして楽しい生活を送りながら健康なお子さんを出産してくださいね。

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ