うつ病で入院したほうが良いのはどんな時!薬の服用はどうなるの?

うつ病を患ってしまうと、その治療方法としては、薬物療法や精神療法を車の両輪のようにどちらもバランスよく行っていくということが大事になります。薬だけではうつ病を根本から解決することは難しいので、認知行動療法など考え方の歪みを是正していくことが改善につながります。

スポンサードリンク



もちろん、考え方の歪みを変えるということは、それまでの自分と向き合うことを意味しているため、苦しさが伴います。薬が必要なのは症状を抑えるためであり、どちらもそう簡単に切り離せる存在ではありません。また、これよりも大事なのが休むことであり、安静にしていることが何よりも大切です。

うつ病を患っていることを理由に入院するとなると、症状の重さが先に浮かび、ネガティブな印象を与えますが、実は入院した方がうつ病の薬から早く解放される、つまり早い段階での治療が可能となることを意味しています。入院には強制と任意があります。強制の場合はかなり重症であり、医師の判断で行われ、それを拒むことはできません。任意の場合は、患者やその家族が医師にお願いして、医師が認めた場合に入院できるというものです。

入院したほうが良い理由とは?

入院した方が良い理由にはいくつかあり、その1つが規則正しい生活になるというものです。病院では起床から就寝まで、その時間が決まっています。この時間に起きる、この時間に寝る、この時間にご飯の時間が訪れるというものが決まっているため、どのような体調であったとしてもそれに合わせざるを得なくなります。

そして、娯楽がそこまであるわけではないため、人が来なければ安静にするしかありません。そうしているうちにみるみるうちに回復していくということがあり、最初のうちはベッドの上でずっといたのに、回復してからは病院の外に出て太陽光を浴びるということもできるようになるほど、体調は戻っていきます。

スポンサードリンク



家でこれをするには、家族の強い意志がなければできず、患者としても家族に対してはつい厳しく当たることになり、家族の関係を壊すことにもつながりますが、病院はそのあたりは慣れているため、深刻なことにはなりにくいというのが特徴です。

他の理由としては、薬と認知行動療法をバランスよく行えるという点です。医師が逐一様子を観察するというわけではないものの、必要以上の薬が投与されることがなく、患者としても、必要以上に服用する、飲むのを忘れたなどのことが起きにくくなります。

の用法用量を守ることで症状を安定させることが可能となります。認知行動療法を行う場合でも、それをするために外に出るという負担がかからずに済みます。

この負担が厄介なもので、体調が悪い時などはこの移動のところで予期せぬトラブルが発生しやすくなります。病院内ならばそうしたことも起こらないため、認知行動療法もうまくいきやすくなります。

本当は家からの通院で治すのが理想的とされています。それは、家の方が落ち着いて安静できるからという点によるものです。慣れないところで長い時間滞在するというのは様々なストレスにもつながります。

ただ、家の方が落ち着かないケースというのもあり、家族からの理解が得られない、無理解の状況だとむしろ家の方がマイナスになります。家族が理解を示し、患者にとって安心できる環境だからこそ治療に効果なのであって、患者への風当たりが冷たければ明らかに患者を苦しめさせ、自暴自棄にさせ、予期せぬトラブルが起こってしまいます。

予期せぬトラブル、悲劇が起きてからでは、なかなかそこからの改善には時間がかかります。そのため、病院で入院して様子を見るということがむしろうつ病の症状改善につながるのです。

入院する期間はどれくらいなの?

入院する期間としては1週間、2週間程度でも効果があるとされています。環境を変えて、規則正しい生活を体に染み込ませるということを考えるならば、1週間でもそうした効果を期待することができるためです。

長く病院に滞在する人もいますが、これは元々の症状が重い人です。うつ病と診断されて間もない人ほど病院にある程度の期間を滞在することで規則正しい生活を過ごさせることが可能となります。

その病気になるまでに相当な無理をしており、まずは健康的な暮らし、営みの環境を作ってあげて、その中で過ごさせるということが第一歩となります。

基本的に3か月の休養が必要と言われており、理想はその3か月を病院で暮らすことです。ただ、そこまでいれば費用が相当かかることになってしまいます。

3か月の休養の中身を見れば、一番大事なのはこれ以上悪化させない最初の1カ月ということになります。もちろん、回復途上も同じように休養が必要ですが、最初にこれ以上悪化させないというラインを作ってあげた方がそのあとが楽になります。

規則正しい生活、服用する量、時間を一定にさせる、安静にさせる、認知行動療法をしやすい環境にする、これらのことをすべてできる場所は病院であ

り、家でそれができそうにない場合には選択肢の1つとして入れておくことが求められます。

うつ病は少し休めばすぐに元気になるものだと軽く考えられる方も多いですが、初期の段階であればあっさり元気になる事も多いと思いますが、うつ病までいくということは今までが感情の我慢のしすぎ、働き過ぎが考えられるのでそう簡単に克服できないことが大半です。

早い克服にはなんといっても早期の対応がポイントになります。症状が重くなって死にたい願望が出てくると、仕事が出来なくなり、食事もまともに摂れず睡眠障害がひどくなるのがうつ病の方に共通する症状です。

日本の社会保障は他国と比べて充実しているとはいえまだまだ十分とは言えません。症状が大きくならないうちに早く対策することをこころがけましょう。

うつ病で入院を繰り返すのは何故?正しい対応法の紹介

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ