男性が失恋うつになってるかどうかのチェック方法と改善法とは?

人は誰も恋愛をしますが、初めて付き合った人と結婚し一生幸せに暮らせる人はそう多くはないかもしれません。人を好きになり積極的に行動すればするほど、うまくいかない状況に遭遇することも大いに起こりうるでしょう。

スポンサードリンク



ほとんどの人は何らかの形で恋をした相手に背を向けられる経験をしたことがあるであろうと思います。

付き合う前であってもそうですが、付き合ってからの方が精神的ダメージが大きいことがほとんどです。

恋愛に失敗すると、失恋うつになる可能性も高くなるでしょう。現在日本でまん延しているうつ病は、およそ100万人ほどの人に何らかの症状が出ています。

人口にすれば13人に1人ほどの人がうつ病の苦しさと闘っていることになります。成人をしていない子供などを抜けば10人に1人ぐらいの割合でうつ病にかかりますので、身近な病気の一つと言えます。

スポンサードリンク



男性が失恋うつになりやすいのは、性欲の面でも関係があります。彼女がいれば性行為もしている人が多いですので、今まで性行為が出来た相手が突然いなくなるわけですのでそのショックも大きく関係します。

温もりを感じることができなくなってしまったことにより、精神的ダメージが一気に襲い掛かるでしょう。

男性がうつ病になるときには、脳に何らかの障害が発生している可能性が高いです。一般的には、脳の神経伝達の物質の量が少なくなり、それが原因でうつ病が発生してしまいます。

これに対して、「前向きに生きたほうがいい」「お笑いを見ると元気になれる」「仕事に打ち込めばそのうち忘れる」などと言う人もいますが、そのような表面的なことで解決できるほど失恋うつの解決は簡単なものではありません。

失恋うつかどうかのチェック法は?

失恋うつになっている人の症状を見抜く方法のひとつは、食欲がなくなっていることや頭痛や肩凝りなどに悩まされている人を見つけることです。

例えばその人が失恋した場合、それ以降食欲がなくなりげっそりとやせてしまった場合や、頭痛や肩凝りなどで会社を休んだり学校を休んでいる場合には失恋うつにかかっている可能性も考えられるでしょう。

また夜寝ることが出来ず寝不足になっている人や、飲み会などに誘えば必ず来る人が、誘っても来なくなった場合などはやはり失恋うつの症状が出ているといえます。心の問題がやがて行動の問題になり発展しますので、分かりやすいです。

ひどい場合には、体の血行が悪くなり内臓疾患になることも考えられますので、いつまでも放っておくわけにはいきません。

男性が失恋うつから脱出し、生活を改善するためには、いくつかの方法がありますが、一番単純なのは新しい彼女を見つけることです。

新しい彼女が見つかれば、時間の経過とともに今までの精神的な負担も小さくなっていくことでしょう。男性の場合は性欲がありますので、どうしても前の彼女でなければいけないと考えている人はそれほど多くなく、性行為が出来ればある程度安心し、心の中を満足させることができます。もちろん一晩だけの関係ではなく、継続的に恋愛として付き合っていく相手であることが重要です。

ですが、男性が失恋したばかりのころは、簡単に新しい彼女ができるものではありません。彼女をほしがっているほど女の人が近づいて来ない傾向があるためです。

それだけ女の人は男性に対して敏感な人が多いわけです。

そこで、新しい彼女ができないまでも、彼と心と体を休ませることが重要です。場合によっては仕事を辞めてしまっても問題ないかもしれませんが、その場合にはしっかりと後先のことを考えて行動しましょう。

また、病院に通うのもうつ病を治すために必要なことです。薬物医療をしてくれますので、脳の神経伝達が正常に近づきます。

最後に自分自身の問題ですが、現実に起ったことを受け入れることです。人間は、想像できないことが起こるとまず出来事自体を疑い、受け入れようとしません。ですが、大事なことは、しっかりと現実として受け入れることです。時間はかかりますが、非常に重要なことです。

失恋うつの症状のチェック法と克服法の紹介!

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ