うつ病を克服して恋人と復縁するために必要な事

大好きな恋人の様子が最近なんだか、おかしいと思っていたら、実はうつ病を患ってしまっていた。なんとか支え克服へ向けて協力してあげて復縁したいけど接し方をどうして良いのか分からない方も沢山いらっしゃると思います。

スポンサードリンク



まずはうつ病がどのようなものか理解を!

うつ病というと気分の低下がまずは続くところから始まることが多いですが、睡眠の質が悪くて寝付けなかったり、夜中に目が覚めたり今まであった食欲が落ちたり、性に関心が薄れたり、今まで興味があったことに無関心になったり様々な症状が現れます。

特に午前中は落ち込み気分がひどく、夕方から夜になるにつれて少しは気分が上向く日内変動といわれるように変化します。

生真面目で何事も一生懸命で完璧を目指しがちな方がなりやすいというでーたもありますので、復縁へ向けて恋人が今まで頑張りすぎていたということを理解してあげることがまず彼氏、彼女が出来ることの第一歩です。

復縁のために「話を聞いてあげる」という姿勢を持つことが何より大事ですが、無理に聞き出そうとせず、「相手が話したくなったら、いつでも相談にのるよ」というスタンスでいてあげることが、うつ病患っている恋人への接し方として求められます。

仕事や家庭、また友人、知人、職場仲間での人間関係のトラブル、さまざまなことによってストレスを抱えこみやすい環境にいる場合には、精神的な病気になりやすい傾向があります。

うつ病になってしまうと、何事に対してもやる気がでない、何か失敗をすると自分が悪いんだと、自分自身を責めてしまいやすく、悪循環に陥ってしまうことが多いといわれています。

このようにうつ病の症状になると、周りの方からも近寄りがたいような印象を与えてしまう場合や、恋人と付き合っていても、復縁もうまい具合にいかず、また自分のうつ病の状態を理解してもらえずに別れてしまうこともあります。

うつ病の状態になる前には、うまく付き合えていて、楽しい日々を過ごせていたのに、うつ病になってからは、積極的な行動ができず、また失敗をするとどんどん自分を責めて追い込んでしまい、パートナーにその姿を見られてしまうことで、相手にもストレスを抱えさせてしまい、最終的には愛想をつかされて復縁が困難になってしまうこともあります。

そのため、うつ病の場合には、無理に相手とうまく付き合うことを考えずに、一度、復縁しようとすることから離れて別れてみるのも一つの手段です。自分の状態をきちんと説明して、ある程度相手の理解を得ることも大切なことです。

そして、うつの症状を克服するまで、医療機関の治療を受けたり、また自分自身で、うつの状態から抜け出すため、生活を工夫して、気分転換をしたり、ストレスが溜まらないようにうまく発散できる環境を作り出していくことが復縁に向けても重要です。

うつ病の状態では、何事に対しても興味が薄く活発な行動が取れないため、その状態を少しずつでかまいませんので、簡単なことや、趣味などで自分が楽しいと思えることをまずは始めて改善していけるようにしましょう。

また、ストレスの原因となるものを把握して、解決できるように行動していくことも大切です。仕事関係のストレスは、家族や友人などに相談し、アドバイスをもらったりすることも大切です。家庭内でうまくいってない場合には、友人に相談しましょう。

また、何か失敗して自分を責めてしまうのは、うつ病の状態を悪化させてしまうので、失敗をした時には、次に失敗しないようにしようと自分を責めずに次につなげていけるように考え方を少し変えてみるのも、うつ病を改善するためや復縁には必要なことです。

精神的に自分を追い込まないために大切なことは、難しく、また深く悩まないことです。感覚的には、ちょっと気楽な感じで自分がどうすれば楽しく笑って過ごしていけるかということを考えつつ行動していくことで、うつ病を克服していきましょう。

また、恋人とうまくいかない、ケンカなどが原因で復縁がうつになってしまった方もいるでしょう。付き合っていれば、誰しもどこかで意見が食い違い、ケンカの一つもしてしまうものです。相手を思いやることができていれば、それほど簡単には別れてしまうということもありません。

恋人同士でのトラブルによりうつ病になってしまったのなら、復縁のためには、その原因をしっかりと把握することが重要です。うつ病の状態を克服することで、再び相手と復縁をしたいと考えた場合に、別れてしまった原因を理解していなければ、仮に相手との仲が回復したとしても、再び同じ原因で別れてしまう可能性があるためです。

また、病気などが原因で恋人が離れていってしまう方も世の中には、たくさんいます。これはかなり難しい問題ではあります。人それぞれ状況が違うため、その状況により、病気などを抱えていても、別れることなくうまく生活できている方もいるでしょう。

うつ病の場合で別れたとしても、そのうつ病の状態が人それぞれ違うため、どの程度の期間で克服できるのかがわからないのも事実です。しかし、うつの状態がある程度改善していったなら、再び相手と会い、話し合うことで互いに理解を深め、復縁することができる場合もあるでしょう。

一人きりで克服は難しい!

うつ病になってしまうと、一人でその状態から立ち直るのはなかなか難しいといえます。復縁するためにも自分だけで悩まずに周囲にいる家族や友人などの理解も必要です。

つらいときに頼れる存在がいるといないのとでは、かなりの差があるといえるでしょう。自分のつらい状況を打ち明けることができる存在をまず探し、悩みを打ち明けアドバイスや助けてもらうこともうつ病を克服していくためには必要なことです。

 

うつ病を克服したら、自分のことだけを考えずに別れてしまった相手のことを考え、また思いやる心を思い出しましょう。やさしい気持ち、また相手との楽しい思い出の日々なども思い起こし、再び復縁して同じように付き合うことができるように、相手に会いうつ病だった時の状態を説明し、理解を求めるといいでしょう。

復縁するためには強引で一方的に自分の感情に任せて話すのではなく、きちんとうつ病の状態の時の相手の不満や悩みなどに対しても理解を示すことも重要です。

自分だけが苦しかったわけでなく、相手も悩み辛かったんだということも理解して、お互いの思いをしっかり確認することが一番重要です。

 

克服へは励ましは逆効果です

貴方の恋人の元気がないからといって、頑張って!気合いで治して!などと復縁にむけて励ますのは禁物です!「頑張りたいけれど頑張れない」のがこのうつ病の特徴です。「自分自身がこんなことになって迷惑ばかりかけている」とマイナス思考でいっぱいになっている場合があり迷惑をかけいていることを気にしすぎて復縁どころか別れてしまおうと言ったりするケースもあります。

うつ病の克服に向けての治療中は「人生を左右するような大きな決断をしない」ということが大切であるとお医者さんもアドバイスがあると思いますが、うつ病を患っている本人の耳に届いていない可能性もあります。

また、一緒に長くいる事で復縁を目標としているはずが、恋人である貴方まで気が滅入って精神的にまいってしまうことがあります。「私のせいで相手より病んでしまっているのでは」と自分を責める必要はありません。うつ病は心が風邪を引いていると言われますが、脳内の神経伝達が上手くいかなくなっているのだということも最近の研究でわかってきています。

脳内の神経伝達が上手くいかないことで起こりうるものなので、今までと相手の印象が変わっても、自分や相手を過剰に責めたりはしないでください。ただ、優しく見守るだけで十分相手のフォローになっているはずです。

部屋にばかりいるよりは時々でも外出して気分転換をした方が早く克服できるのではと思いがちですが、それはうつ病ではない人がストレス発散するには有効ですが、うつ病の時はかえって逆効果になることもあります。心身が既に疲労困憊で何もやる気がなくなってしまっている状態ですので、無理矢理、連れ出そうとすると「前は楽しめたのに」と自分を責めてしまう可能性もあり得ます。

相手の家族や友人などと協力するチームのような仲間を築いておくことも良いと思います。貴方の恋人が一人で病院に行っているのであれば、復縁するために貴方が一緒に付き添ってお医者さんの話を家族にしてあげることも良いと思います。

うつ病は無気力、無関心で常に憂鬱であることが多いので衝動的な行動はあまりなさそうなイメージですが、突発的に自分なんかもうどうでもよいとか、死にたいとか、自分で自分を傷つけることもありますので、復縁するためにはそういった突発的な行動から貴方の恋人を守るためにも周囲との協力が大切になります。

相手を心から支え助けたい復縁したい気持ちでいっぱいでうつ病を患っている恋人と付き合って、自分のプライベートな時間は全て相手にかけて支えようとすると貴方自身までメンタル面が疲弊してしまいます。たまには自分が本心から好きな事をしてリフレッシュの時間を作ることも大切です。

復縁するために献身的な事は良いことですが、自分自身が潰れてしまうことがより怖いことなので必ず、発散する時間を持ってくださいね

今の現代では誰もが生涯に一度はうつ病にかかる可能性そのものはあると言われています。真面目で責任感の強い恋人がストレスから潰れてしまった時に、一番の支えになれるのは恋人の貴方ですが全てを背負うのではなく必ず協力者を作ってくださいね。

恋人に限らず友人、知人がうつ病の時にはどのように付き合っていけば良いのでしょうか?

こちらからヒントが得られるかもしれませんので参考にされてくださいね。

うつ病を克服しようとしている方への言葉のかけ方

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ