うつ病で入院する際に自分に合った医療保険に出逢う方法とは?

現代は複雑な人間関係やSNSなどの発展で真正面から人と向き合う昔のような関係がなくなりつつあり冷徹なストレス社会と呼ばれており、精神的に病んでしまう人が少なくありません。特にうつ病になってしまい、仕事や日常生活に支障が出て困っているケースが多く見受けられます。

うつ病の症状がひどい場合は入院するケースも増えてきました。体は健康なのに入院することを不思議に感じる人もいるかもしれません。

しかしメンタルが肉体の健康に影響を及ぼすこともありますし、ストレス社会から隔離することも大切です。そのため病院でしばらく入院して過ごすことは、適切なうつ病の治療として認識されるようになりました。

ただし当然ですが、病院を利用すると料金を支払う必要があります。期間が長引くほど出費が増えていきます。そこでポイントになるのが医療保険を活用することです。

しかし一口に医療保険といっても、さまざまな種類が存在します。これまでの保険の多くは、肉体的な医療の負担を想定した内容になっていました。

したがってうつ病で病院を利用する場合は、これまでとは異なる視点で選ばなければなりません。前提として知っておく必要があるのは、入るのは簡単ではないことです。

精神面に疾患があると判定された場合は、そもそも加入を認められないケースも珍しくありません。基本的に、自分を傷つけたり病気になったりする可能性が高い人は簡単に加入できないようになっています。

うつ病になると自傷行為を行う人もいますし、投薬を続けることによって他の病気になる人もいます。そのようなリスクがあるため保険会社としては、加入させるのを敬遠する傾向があるのです。

一般的には完治したと判断されてから、数年が経過しないと加入を認められないことが多いです。言い換えると、健康な人と何も変わらない状態になるまで、加入を認めない保険会社が多くを占めています。

しかし以前と異なり、判定されてからでも加入が認められるケースも多くなってきました。病気でも入れる保険として売り出している商品も増えています。

テレビのCMなどで見たことがある人もいるでしょう。そのような医療保険を見つけたら、喜んですぐに契約をしてしまう人が多く見られます。たしかに入院する可能性が高いのであれば、急いで契約したいと考えるのも無理はありません。

しかし一般的な保険と比べて、保険料は高く設定されていることが多いので注意しましょう。保険会社によって設定額は異なりますが、一般的な保険料の2倍に相当する場合もあります。そのため入れるからといって、安易に契約を申し込むのは得策とは言えません。

保険料ができるだけ安いものを選ぶのが基本ですが、同様に内容をチェックすることも忘れてはいけないポイントです。内容にはいろいろなパターンがあり、保険金の額や支払われる条件などが異なります。

多額の保険金を受け取れると感じて契約した場合でも、実は通院に限定されているケースなども考えられます。さらに上限が設けられているケースも多くあるので確認した方が良いでしょう。

たとえば30日までと決められている場合などもあるのです。1日あたりに受け取れる金額が多くても、復帰まで長引いた場合はトータルでもらえる金額は少なくなってしまいます。

早く復帰できそうだと甘く見ていると、その何倍もかかることになる恐れがあります。なぜなら肉体の疾患と違い、精神的な疾患は回復の見込みを正確に割り出すのが難しいからです。

肉体の疾患であれば回復までの期間が医学的に判断できます。しかし精神的な疾患の場合は、人によって復帰できるまでの期間に違いが見られます。

大した症状ではないと自己判断していても、心の奥底に原因となる大きなトラウマが潜んでいる場合もあるでしょう。長期にわたって認知行動療法に取り組むことになるなど、想定外の期間を病院で過ごすことは十分ありえます。

このように入院の期間を予測しづらいという事情を考慮したうえで、慎重に内容を確認しなければなりません。できるだけ長期にわたって受け取れるものを選んでおくと安心です。

すぐに立ち直れる自信がある場合に限り、1日あたりの金額を優先するのがおすすめです。また入院であっても、通院の内容について確認しておくことも忘れてはいけません。

なぜなら症状が良くなってくると通院に切り替わるケースも少なくないからです。つまり退院しても、すぐに仕事に復帰できるとは限らないということです。退院してからも、職場復帰するまで通院が数カ月続くこともあるでしょう。

そのため通院の内容が良くなければ、退院後は病院の料金の支払いで生活が苦しくなってしまうかもしれません。そのような状態に陥らないように、通院についてもチェックを忘れないようにしてください。

うつ病になって入院するときは、このようなポイントに気を付けましょう。そうすれば安心して病院で過ごせるようになるので、心が休まりやすくなるメリットもあります。少しでも早く復帰するために、自分に合った医療保険を見つけることを心がけましょう。

うつ病を患いやすい人に共通した特徴が2つあります。

うつ病になりやすい人の特徴とは?

自分自身の経験からも言えますが、物事の少しのずれが気になって、元の位置に戻すために神経をすり減らしてしまうとうつ病にかかりやすくなります。

2つ目の特徴が仕事は熱心に打ち込むことは大事ですが、時に遊び心も必要です
遊び心が全くなく仕事で生じたトラブルを抱え込みすぎてストレスをため込んでしまう事です。

いつまでも特定のことに執着して誰にも吐き出せなかったことが苦しかったですね。

うつ病にかかってしまった場合の治療方法は大きく分けて3つあります。

うつ病の治療方法の1つとしてあげられているのが、抱えているストレスから離れてゆったりとした時間を作り、休養を取ることです。

自分は一番しんどい時はひたすらベットで1日中横になっていましたね。朝ある程度気分が良い時は散歩などもしていましたがすぐにしんどくなるので横になって1日中あまり動かないことが多かったです。

現代は昔と比べると過剰なほどの発展から時代の変化についていけなくて、ストレス社会になっているから、いったん俗世間を離れて新鮮な空気を吸ってストレスから解放された生活を送り気分を落ち着かせることが必要なのかもしれません。

気分を落ち着かせることで脳内にある細胞をリフレッシュすることが出来ます。
脳内にある細胞がリフレッシュすることで神経をすり減らすことなく快適な生活を送ることが出来る他、仕事に関しても少しの遊び心が生まれるのである。

仕事の行き詰った時は、脳内の細胞をリフレッシュさせるつもりで休養を取る方が良いかもしれません。

入院してみる事のメリットとは?

何故、入院が必要なのかというとストレス社会から隔離する必要があるからです。
ストレス社会からの隔離が完了すると看護師が世話をしてくれるので安心します。

安心すると次第にイライラ感がなくなり将来への不安が吹き飛んでいきます。

自分も話し相手がいることがどれだけ重要かが身をもって分かりました。

人間は一人では生きていけないし一人でいることは危険なんだと身をもって気づくことが出来ました。

どうしても早期に治して少しでも社会復帰を目指しているのであれば先に説明した休養を取れば良いのです。

入院は、あくまでも症状が悪化して一人で生活していくのは困難になり、誰かが居ないと落ち着くことが出来なくなり常に不安を感じてしまう場合の最終手段です。

もし、症状が悪化してしまった場合は心理カウンセリングで入院の手続きを行い、入院するのがベストかもしれません。

自分の頃の経験では、うつ病を患っていて療養期間を経過して完全に元気になってから5年くらい経過していない場合は、一般の普通の医療保険、には入ることが難しいと言われているのが現状です。

うつ病の克服を目指して療養中の方や、完全に元気になってから5年くらい経過していない方が医療保険に加入するには、他の持病がある人でも加入しやすい引受基準緩和型の医療保険の加入を検討してみる事も良いと思います。

気をつけないといけないことは引受基準緩和型の医療保険の場合なら必ず加入出来るとは限らないという点があります。

このケースで自分が苦しんだのですが、きちんと仕事をしていてある程度定期的に収入がある等が条件としてある点でつまづく方が多い傾向にあるようです。 保障される保険金が少ない商品もあって高く感じる方も多いようです。

うつ病を患ってしまった場合に医療保険から給付がきちんと受けられるかどうかが心配なところだと思います。病院へ入院した時点で支給することが決まっているような医療保険では、病院へ通院して治療するくらいのうつ病の程度では保険料は支払われないことが多いようです。

ところが、病院へ入院せずに通院程度のうつ病でも症状がとても重く、より悪化しているという場合もあり得るので、保険料の給付を受けられないというのでは入院せずに苦しんでいる方が不公平な感じになるのでしっかりと自分が加入しようとしている医療保険の条件をよく確認しておくことをおすすめします。

自分の知り合いで実際にいらっしゃいましたが、他に決してやってはいけないこととして、本当はうつ病なんだけどウソをついて医療保険に加入してしまった場合には解約はもちろん、多額の賠償責任が生じる事もあるので決してしないようにしましょう。

大事なのはうつ病や他の疾病にかかった時のことを考えて事前に医療保険に加入して何かあった時のことに備えることが重要です。今はネット上でさまざまな比較サイトがあるのできちんと様々な医療保険を比べて自分自身に合った医療保険に加入しましょう。

 

うつ病で入院する時は生活保護を受けられるのか?