うつ病で入院していても入れる医療保険の紹介 

うつ病とはショッキングな出来事に遭遇して、すごく気分が落ち込んでしまい何事にもやる気がなくなってしまう病気で入院した方が結果として早い克服につながるケースもあります。

うつ病にかかりやすい人物には共通した特徴が2つあります。

スポンサードリンク



うつ病になりやすい人の特徴とは?

物事の少しのずれが気になって、元の位置に戻すために神経をすり減らしてしまうとうつ病にかかりやすくなります。

2つ目の特徴が仕事は熱心に打ち込むことは大事ですが、時に遊び心も必要です
遊び心が全くなく仕事で生じたトラブルを抱え込みすぎてストレスをため込んでしまう事です。

うつ病にかかってしまった場合の治療方法は大きく分けて3つあります。

うつ病の治療方法の1つとしてあげられているのが、抱えているストレスから離れてゆったりとした時間を作り、休養を取ることです。

現代は昔と比べると過剰なほどの発展から時代の変化についていけなくて、ストレス社会になっているから、いったん俗世間を離れて新鮮な空気を吸ってストレスから解放された生活を送り気分を落ち着かせることが必要なのかもしれません。

気分を落ち着かせることで脳内にある細胞をリフレッシュすることが出来ます。
脳内にある細胞がリフレッシュすることで神経をすり減らすことなく快適な生活を送ることが出来る他、仕事に関しても少しの遊び心が生まれるのである。

仕事の行き詰った時は、脳内の細胞をリフレッシュさせるつもりで休養を取る方が良いかもしれません。

スポンサードリンク



入院してみる事のメリットとは?

何故、入院が必要なのかというとストレス社会から隔離する必要があるからです。
ストレス社会からの隔離が完了すると看護師が世話をしてくれるので安心します。

安心すると次第にイライラ感がなくなり将来への不安が吹き飛んでいきます。

どうしても早期に治して少しでも社会復帰を目指しているのであれば先に説明した休養を取れば良いのです。

入院は、あくまでも症状が悪化して一人で生活していくのは困難になり、誰かが居ないと落ち着くことが出来なくなり常に不安を感じてしまう場合の最終手段です。

もし、症状が悪化してしまった場合は心理カウンセリングで入院の手続きを行い、入院するのがベストかもしれません。

医療保険の紹介

うつ病は精神疾患に分類されるので医療保険に入る事は出来ません。
医療保険に入る事が出来なかったのは昔の話しです。

現代では引受緩和型医療保険に入る事が出来るのである。

引受緩和型医療保険に入ると精神疾患で仕事が出来なくなった場合、傷病手当金を受け取る事が出来ます。

傷病手当金とは入院が長引いて出勤日数が足りなくなり、給料の支払いがなくなった場合に生活の一部を保障してくれる意味で支払われる金額の事です。

出勤できない日数が多ければ多いほど給付される額が上がっていきます。

傷病手当金という給付金が受け取れる他にも治療費や入院費に検査代はすべて病院が負担してくれるので支払う必要がないということです。

もし、精神疾患で入院が長引いている間に職を失ったとしても傷病手当金だけで生活することが出来るのである。

しかも何もしなくても先に説明した通り、給付される額が上がっていくので生活がより豊かになる一方なので、お金に困る事は一切ありません。

現代では精神疾患の場合に入る事が出来る保険は沢山ありますが、引受緩和型保険に入っていた方が、お金の心配がなくなるので将来的にも良いですし精神的にも安心できます。

まさに何かと便利な保険です。

一般の保険へ加入することは、現在のところ、うつ病を患っている方は難しいことが多いようです。

ところが、幾つかの難しい条件をクリアーすれば幾つかの保険なら、うつ病を患っている方でも加入が可能です。

幾つか入れる医療保険を紹介します。

1.終身医療保険フレキシィ ゴールド(メリットライフ生命)

保険料が高くなるものの、わずかな告知の項目で済む保険です。

健康に関する質問項目は3つだけで引受基準型と呼ばれるタイプです。。

チェックされる病気というのは、がんだけです。

 

2.アクサの「一生保障」の医療保険OKメディカル(アクサ生命保険会社)

健康に関する質問項目を4つされる引受基準緩和型です。

病気でチェックされるのは、がん、慢性肝炎、肝硬変です。

 

満期保険金や配当、解約返戻金はありません。

新型うつ病の場合は医療保険に入りにくい?

一般に言われているのは、今までのうつ病の薬では効果の期待があまりなくて、完全な克服を目指しての治療をすると半年以上とかの長い期間に渡って専門のカウンセラーによってのカウンセリングが必要となることから、生命保険加入は可能だと思われます。医療保険については、自殺する可能性は少ないものの、自傷行為が多いので入りにくいと考えられます。

数年前から聞くようになった「新型うつ病」とはどのようなものでしょうか?

日常生活や仕事を頑張り過ぎたことによるストレスや対人関係などのトラブルで自分を責めるという従来型のうつ病と違って、「新型うつ病」は責任を周りの環境や他人のせいにする傾向が強いと言われています

特に顕著な特徴としては職場に対しての文句、上の人間が全て悪いとか会社のやり方そのものが悪いなどの言葉が口癖のようついてでるようです。職場である会社を離れると気分が上がり、職場にいた時の憂鬱さが嘘のように趣味や旅行など自分が好きなことには活動的になります。うつ病をわずらってしまった根本原因は自分のせいじゃなくて、職場の人間のせいであると考えてしまう性格があります。

うつ病を患っていて療養期間を経過して完全に元気になってから5年くらい経過していない場合は、一般の普通の医療保険、には入ることが難しいと言われているのが現状です。

うつ病の克服を目指して療養中の方や、完全に元気になってから5年くらい経過していない方が医療保険に加入するには、他の持病がある人でも加入しやすい引受基準緩和型の医療保険の加入を検討してみる事も良いと思います。

気をつけないといけないことは引受基準緩和型の医療保険の場合なら必ず加入出来るとは限らないという点があります。

きちんと仕事をしていてある程度定期的に収入がある等が条件としてある点でつまづく方が多い傾向にあるようです。 保障される保険金が少ない商品もあって高く感じる方も多いようです。

うつ病を患ってしまった場合に医療保険から給付がきちんと受けられるかどうかが心配なところだと思います。病院へ入院した時点で支給することが決まっているような医療保険では、病院へ通院して治療するくらいのうつ病の程度では保険料は支払われないことが多いようです。

ところが、病院へ入院せずに通院程度のうつ病でも症状がとても重く、より悪化しているという場合もあり得るので、保険料の給付を受けられないというのでは入院せずに苦しんでいる方が不公平な感じになるのでしっかりと自分が加入しようとしている医療保険の条件をよく確認しておく必要があると思います。

他に決してやってはいけないこととして、本当はうつ病なんだけどウソをついて医療保険に加入してしまった場合には解約はもちろん、多額の賠償責任が生じる事もあるので決してしないようにしましょう。

大事なのはうつ病や他の疾病にかかった時のことを考えて事前に医療保険に加入して何かあった時のことに備えることが重要です。今はネット上でさまざまな比較サイトがあるのできちんと様々な医療保険を比べて自分自身に合った医療保険に加入しましょう。

 

うつ病で入院する時は生活保護を受けられるのか?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ